激白!俺が悪質出会い系の「サクラ」だった頃

悪徳出会い系のサクラ

自称「出会い系ジャンキー」としてヘビーにディープに出会い系を使いこなし、セックスに成功している私。しかし、実は悪質出会い系サイトの“サクラ”としてバイトをしていた時期があったんです。

懺悔するとともに、悪質出会い系業者を裏から知ってしまった私だからこそ書ける「出会える・出会えない」サイトの見分け方とは?を解説していきます。

そもそも出会い系のサクラとは何か?

普段は非モテのアラフォーサラリーマン。かつ、こうやってブログも書いちゃったりするぐらい出会い系を愛してやまない自称「出会い系ジャンキー」の私なわけですが、実はかなり前に悪質出会い系の“サクラ”をバイトでやっていたことがあるです。

これは友人にも言ったことがないし、もちろんこうやってネット上で告白するのも初めてです。正直どこまで書いていいものやら、キーボードを叩く手が震えますね。

でも愛する出会い系業界を食い物にする悪質業者はこの世から消え去って欲しいと思うし、ここから書くことが「悪質出会い系」に引っ掛からないための予備知識になれば…

本当に出会える優良サイトが栄える

私がセックスできる回数が増える

こういう論法が成り立つわけで、正直にいろいろ書いてみたいと思います。

正確な時期はちょっと勘弁して欲しいんですが、だいたい10年から15年前ぐらいの間の話だと思ってください。爆発的に携帯電話、まあ今で言うガラケーが普及しはじめたころですね。

キャリア(ドコモとか、auとかだ)が認定してメニューからアクセスできる公式サイトは、ニュースや着メロとか、そういう品行方正な真面目なものばかり。

まあ当たり前なんですが、それじゃつまらんということで、いわゆる「勝手サイト」と呼ばれる携帯用サイトが続々とできていた時代があったんです。それにしても「勝手サイト」って、いまは完全に死語ですね。

で、その勝手サイトの代表的なジャンルが「出会い系」だったわけです。

それまで、見知らぬ男女がセックス目的で出会う手段というと

・テレフォンクラブ

・ダイヤルQ2

というのがありました。なんのこっちゃ?と思うヤングな読者もいるかもしれませんが、まあそういうのがあった、ぐらいに思ってください。

要は電話の音声を介して出会うシステムです。それの進化版として、インターネットが普及したことによって「出会い系サイト」が発展していった感じですね。

テレクラ画像

さて、原則、出会いの世界は「ヤリたい男性」が積極的で「ヤリたい女性」が受け身です。(もちろん超肉食獣みたいな女性がいるのも事実ですが)。

だから男性が料金を払い、女性は無料というのが一般的ですね。そこに目を付けたのが悪質業者たちです。

電話音声の時代にもいわゆる“フリをする人”としてのサクラはいたらしいんですが、声を出さなきゃいけないから顔はわからないとしても、話している相手が最低限女性であることには変わりありませんでした。

しかし、出会い系サイトはメッセージでのやりとりです。つまり、文章だけだからリアルな女性が書いていようが、オッサンが書いていようが相手にはわかりません。ここでサクラの仕事が発生するわけですね。

もうおわかりだと思いますが、私たちバイトが女性になりきってメッセージをやりとりしてたっていうわけです。

出会い系サイトは男性ユーザーが女性とメッセージをやりとりすると料金が発生するので、サクラはできるだけ沢山の相手とできるだけ長く会話するのが目的になります。悪質出会い系業者は私たちバイトを雇い、女性のフリをさせているんです。

そして私たちバイトは女の子のフリをして男性ユーザーにアプローチし、いかにも会えそうな、ヤレそうな雰囲気を出してメッセージのやりとりをする、ということですね。

悪質出会い系業者の手先だった時代

さて、具体的なサクラの流れですが、いかにも男性が飛びつきそうな女の子のキャラクターになりきって(しかも10人とか20人とかの数で)誘いをかけ

男性ユーザー「○○○ちゃんと会って、エッチしなたいな」

サクラ「もう少しいろいろ話して仲良くなってからだよー(*^-^*)」

みたいな話をダラダラするわけです。他にもいろいろありますが、まあこれが基本的な流れと言っていいですね。

うまいこと信憑性を出すためにネットで検索した地図とか方言とか、名所とかの情報を駆使して話を合わせるテクニックが求められていました。

いちおう女性向けの登録フォームもあったけど、女性向けの宣伝なんか一切していないので、リアルな女性の流入は皆無!女性として登録して掲示板に書き込んだり、男性ユーザーと会話したりする“女性”は100%サクラだった…。

ちなみにサクラの仕事は、私たちはひとつの事務所でやっていましたね。バイトが30人ぐらい無言でPCに向かってカタカタやってる一種異様な光景。業者によっては在宅でバイトを雇ってたところもあるみたいでしたね。

そうそう。出会い系サイトを介して個人と個人がやりとりしてるという“体裁”だから、その事務所が例えば夜11時に閉まると、そっから一切女性からの返信がなくなる、というのは違和感ありますよね。だから事務所は24時間態勢で開いていて夜勤のバイトもたくさんいましたね。

そういった一連の流れは全部ひとつのシステムで管理されてて、私たちバイトが男性ユーザーにどれだけ会話させたかが、経営者は把握できます。

給料は時給制プラス歩合制。基本時給があって、プラス会話させた量によって給料がどんどん上がってくという仕組みでした。

私はいまいち仕事にノリ切れなかったんで歩合なんかちょこっとしかもらってなかったけど、それでも座ってウォークマン聞きながら2ちゃんとか見ながらダラダラ適当にメールしてるだけで時給1500円以上ってのはおいしかったですね。

精神的には病みますけどね。

サクラのなかには優秀なバイトもいて、ハタチそこそこで月給100万クラスの人間もいたはず。

そういう神バイトのそれぞれが、自分なりの会話の上級テクニックを駆使してたんでしょうね。私が聞いても教えてくれなかったけど。

それにしてもバイト仲間にはいろんな人がいました。マジメな学生とかは少なくて、バンドマンとか劇団員、あと極端にオタクっぽい人もそれなりにいましたね。

私もそうだけど、普通の接客業とか絶対に無理でしょっていうタイプが多かったんじゃないかな。

普通の仕事じゃうまくいかないけど、ここではいい給料を貰える…みたいな認められた感?に酔って悪質出会い系業者の手先になっちゃったような気がします。

いやしかし、いま考えると当時の男性ユーザーの皆さん、本当に申し訳なかったな。懺悔します!

手先だったからこそわかる! 悪質出会い系サイトの見分け方

私が働いていた悪質出会い系業者は最盛期には15サイトぐらい運営していて、私はサクラとして全部に関わりました。それに、サクラのバイト仲間から他の悪質業者の話もしょっちゅう聞いていました。

当時見聞きしたことからの経験上ってことになりますが、“悪質出会い系業者あるある”を書いていきます。

悪徳サイトにご用心

まずあの手この手で男性ユーザーを引っ掛けよう、引き込もうとするわけですが、あまり「無料」とか「完全無料」を強調し過ぎている広告やデザインにしているサイトはかなり疑ったほうがいいです。

もちろんこのブログで紹介している優良な大手出会い系でも登録は無料ですが、やたら無料ばかりをアピールしてはいませんよね?商売として、真っ当に正当な料金設定で運営している、という自負があるからです。

その反対に、タダでエッチをしたい!と短絡的な発想の男性ユーザーを捕まえ、カモにする…これが悪質出会い系業者のやり口です。

広告に「完全無料」と書いてあって、じゃあどうやって料金取るの?と思うかもしれません。

それはまず、ホントに登録したサイト自体は完全無料ですが「このサイトは広告で運営しており、提携サイトからメッセージが来る場合があります」と小さい字で書いてあって、メッセージが来るのはその「提携サイト」(同じ悪質出会い系業者)からだけという具合です。

そして、サクラがその気になるような、すぐにでも会えてエッチできそうなメッセージを送り、会話を続けさせてポイント購入に踏み切らせます。

これで収益を得るわけです。ポイント購入はユーザー自身の判断にはなりますが、やはりやり口は汚いですよね。詐欺!とは言い切れないけれど詐欺的ではあります。

前に別の話で書いたかも知れませんが、専門的過ぎたり、男性に有利すぎたりするウタイ文句のサイトもまず悪徳です。

いまはあるかどうかわかりませんが「逆援助専門」とかは典型的ですね。

「出会い系で会った高収入の女性とエッチして、お金も貰える」…可能性はゼロじゃない。

確かにゼロじゃないんですが、限りなくレアケースです。出会い系利用歴16年の出会い系ジャンキーの私でも、そんなにしょっちゅう経験していません。それが現実です。

「逆援助専門!」とか言っちゃって、そこにセックスできてお金も貰える女性がわんさかと存在…とか、ありえませんから!

こんなの結局サクラの相手をさせられ、ポイントだけ消費する出会えない系だと断定していいんです。

本当に金持ちでエッチを求めている女性はホスト遊びをするだろうし、もしネットを使うとしても安全な大手サイトで幅広ーく相手をみつくろっています。もう一度言うけど、それが現実なんです。

あと例えば「中高年専門」「SM専門」「ロリっ娘専門」みたいな、ニッチを突いたようなのも疑ったほうがいいですね。

こんな専門的なサイトを見つけると「俺はこういうのを探してたんだ!」と盲目的にハマっちゃう男性ユーザーがいるようですが、それが悪質出会い系業者にとっては付け入るスキ。

判断力が低下したところで、ポイントだけどんどん使って、結局出会えない、エッチできない、という結果になるのは目に見えています。

というわけで、“悪質出会い系業者あるある”を書いてみたので参考にしてみてください。

私もそうですが、男性はホントしょうもない生き物だから金とエッチに弱い。だから、

「エッチしてくれたら1000万円あげます」

「誰でもいいので5000万円受け取ってください」

みたいなスパムメールに引っ掛かる男性は後をたたないし、それゆえ悪質出会い系業者はスパムメールを送り続けます。

そしてそういうのをウリにしている悪質な出会い系サイトもなくならない。

ホント、そういうのだけはうまく回避して、いい出会い系ライフをみんなに送って欲しいと思っています。

バックでハメ撮り

ただし、サクラだらけの悪徳サイトに登録しても、絶対に出会えないばかりか無駄にお金を消費するだけです。サイト選びは絶対に間違えないでくださいね。

リアルに素人女性と出会えるのはこの3サイトだけ

10代娘から人妻・熟女まで、素人女性が数多く登録しているのが、この3サイトです。15年以上の実績がある大手ばかりなのでセキュリティ面も安心。もちろんサクラなんていないし、普通に出会えるから私も毎日チェックしています。


Jメール ★★★★★

Jメール

元々テレクラで超メジャーな大手ミントC!グループが運営。「出会い系サイト=女性獲得が最重要」ということを熟知していて、街頭や雑誌、ティッシュ配布など積極的な広告宣伝を行っているので、セックス目的の女の流入がとても活発!

真に出会えるサイトとして18年以上運営されてきた王道中の王道をいく出会い系サイトです。

若い娘を狙うなら「Hな出会い」「今すぐあそぼ」、人妻や熟女狙いなら「人妻の誘惑 」「ミドルエイジアダルト」の掲示板をまずはチェックしてみてください。

Jメール掲示板

若い娘はもちろん、欲求不満の主婦や熟女まで幅広く登録しているので、すぐにLINE交換→待ち合わせ→セックスに持ち込めます。

出会い系の素人

無料ポイントで1000円分遊べますので気軽に試してみてください。

Jメール公式


ワクワクメール ★★★★★

ワクワクメール

1日に1600人以上の新規会員が登録している創業2001年の大手老舗サイト。サイトも非常に使いやすく、掲示板には毎日2万件以上の新しい書き込みがあります。

こちらも積極的に様々な広告メディアへ進出しているのでエロい女性と出会える確率がとても高いのが特徴です。

ワクワクメール掲示板

地域密着型サイトとして定評があり、熟女や人妻ともLINE交換しやすいです。

出会い系の素人

1200円分の無料ポイントがもらえるので気軽に試すことができます。

ワクワクメール公式


ハッピーメール ★★★★★

ハッピーメール

出会い系サイトの国内最大手で知名度もナンバーワン。女性雑誌や街頭の広告で女性会員の獲得に積極的なので、10代~熟女まで欲求不満の女性が毎日大量に登録しています。ユーザーサポートも親切丁寧なので圧倒的に信頼度が高いのが特徴です。

ハッピーメール掲示板

10分ぐらいで即会い希望の女性とLINE交換できる事も。

ここも無料ポイントが1200円分もらえます。

ハッピーメール公式


ここで紹介したサイトは、どれも私がいつも愛用している本当に素人女性と出会えるサイトです。

サクラや業者だらけの悪徳アプリやサイトにうかつに登録すると、100%会えないばかりか無駄にお金を消費するだけです。サイト選びは絶対に間違ってはダメですよ!