出会い系でブス・ブサイクが来た時どうする?対処法と事前に見極める方法はこれ!

相手がブスでがっかり

出会い系サイトでの出会いには避けられない罠、というか落とし穴が存在しています。

無事にアポが取れていざ待ち合わせ場所に行ってみると、相手の女性がかなりの「ブス」「ブサイク」だった!という場合です。

今回は、「出会い系でブスと出会わないようにするにはどうすればいいのか?」「もしブスが来てしまったらどうする?」について解説していきます。

実際に会ってみるまでブスかどうかは分からないのが出会い系

出会い系で待ち合わせ

人の顔は千差万別で、それを受け止める側の好みも千差万別。Aという人が「あの子は美人だ」と言っても、Bは「……そんなでもなくね?」というケースなんかはよくある話です。

ですが、そういう“好みの差”を超越してしまった「ブス」「ブサイク」といわれる女性(男性)はこの世に存在しています。この世に存在する…ということは、この世の縮図である出会い系サイトのユーザー層のなかにも確実に存在しているというわけです。

性格がすごくいいのかもしれない、優しいのかもしれない。しかし、性の対象として選ぶとなると「ごめんなさい!」と言いたくなるような、遺伝子レベルで何か間違っているんじゃないかという女性(もちろん女性から見てそう言いたくなる男性も)は残念ながらいます。

ではなぜ罠、落とし穴なのか。一般的な出会い、つまり学校や職場で知り合うとかだったら見た目をよくわかった上で声を掛ける掛けないを決めることができます。合コンやナンパもそうですよね。

風俗では、お金を払っていい思いをしたいわけだから「見た目を選ぶ」のは当然利用客の権利です。店側だってちゃんと見た目を確認するさまざまなシステムを用意してるのは知っての通りでしょう。

しかし、気軽に素人同士がセックス相手を探す…という素晴らしい仕組みである出会い系サイトでは、この「見た目問題」がどうしても二の次になってしまいがちです。

出会い系サイトも初期のころはプロフィール画像すらなかったのです。その時期は地雷率が今よりとても高かった記憶があります。

当然今はプロフィール画像や動画など、サイト経由でも見た目を確認する方法はありますが、あくまでもデータ上の見た目です。いくらでも「盛れる」「奇跡の一枚」に騙されることもあるのです。

会ってみるまでブスかどうかよくわからない…これはもう出会い系サイトでの出会いに付き物の問題です。典型的な落とし穴と言えるでしょう。

せっかくある程度の時間と金を使って出会いにこぎつけたのに、やってきたのがブスだった時のショックは本当に大きいものです。まさに罠、闇と言えるでしょう。

出会い系サイトでブスとの出会わないための注意点

ブスとの出会わないために

ブスと出会ってしまうと、自分、そして相手の女性も悲しい思いをしてしまいます。それはやはり未然に防ぐべきです。

まずは出会い系サイトでブスとの出会いを回避するにはどうすればいいのか。大まかに4つの注意点がありますのでそれを解説していきます。

1.プロフィールの写真をしっかり確認しておく

プロフィールの写真

今はほとんどの女性ユーザーが出会い系サイト内で自分の写真を掲載しています。それでも時々写真を掲載していない場合があります。何か事情があるんじゃないかと好意的に考えてもいいですが、やはり見た目が残念だから載せていないことが大半です。

逆に写真がない女性は当然ながら敬遠されるので、競争相手が少なくアプローチすれば出会える可能性は高くなります。

そういう意味では狙いどころではありますが、やはりブスである危険性をはらんでいると考え、慎重になったほうがいいでしょう。

もし会話していて本当にいい感じで、会いたくなったのなら、やはり会う前に写真を送ってもらうようにしましょう。

ブス、ブサイクと言っても程度の問題です。もし仮に写真をまったく見てない状態で出会うとすると、男性側としては勝手にある程度美人を想定・想像してしまい、その分実物を見て落胆する…というケースがどうしてもあります。

その反面、仮にブスだとしても事前に写真をちゃんと見て「自分的にこれならOK」と“覚悟”を決めてから出会うのだと、ファーストコンタクトでのショック度合いが違います。

もちろんもらった写真より数倍酷いというケースもなきにしもあらずですが、とにかく事前の心の準備ができてるかどうかは大事になってきます。

どうしてもある程度の美人と出会いたい、というなら写真をもらった時点でごめんなさいすればいいのです。そこまでかけたコストは無駄にはなりますが、現場でショック!という場面は回避できるので全く無駄だとは言えません。

2.SNOWなどのアプリで加工してある写真には注意せよ!

じゃあ自撮りの写真を掲載していれば安心かというと、そうとも言い切れないのが残念なところ。最近は顔写真を加工…つまり“盛る”機能のアプリがたくさんあるからです。

特に多いのが「SNOW」というアプリで加工された自分の写真です。動物の鼻や耳、ヒゲなんかを顔写真に乗せてかわいく見せるアプリで、結構多くの女性が使っています。

その機能を使ってブス隠しをするブスが多いのです。心理的にはわかりますが、実際に会ったときの男性側のショックはやはり大きいものです。

サイト内で知り合って会話をする際にはできるだけ「普通の写真」をもらうようにしましょう。ただ、加工してあるとはいえ、プロフにちゃんと顔写真を載せている相手にはちょっと言い出しにくいかもしれませんね。

ですが、そこは勇気を出して言ってみましょう。上からではなく「あなたが気に入ったから、もっといろんな表情が見たい」と、おだてつつお願いするというのがベターですね。

3.前のめり過ぎる相手は警戒せよ!

これは写真を確認する、しないとは別の話になるが、メッセージのやり取りの中で「ガツガツしてる」「前のめり過ぎる」相手はブスであると警戒したほうがいい。

ブスであることを自覚している彼女たちは、やはり出会い系というワールドのなかでも自分たちが弱者…選ばれない存在とだと自覚しているようです。

それでも会ってセックスしてくれる男性を求めたいゆえに、一般的なルックスの女性に比べガツガツしている傾向があります。

とにかく話を早くまとめようとせっかちだったりします。出会い系初心者だと、そういう女性に当たると「ラッキー」と思ってサクサク話に乗っちゃいがちですが、そういう場合はたいてい“地雷”系のドブスがやってくるのです。

写メを確認しようにも完全に嘘の写メとか平気で掲載してくる女性もいます。見た目も残念で、さらにそういうやっちゃいけないことを平気でやってしまう“精神的ブス”も一定層いるようですね。

仮に我慢できるレベルで、セックスしちゃったとしてもそういう“精神的ブス”はあとあと面倒な可能性もあります。

なので前のめり過ぎな相手は、基本的に何か怪しいと思って接したほうがいいでしょう。会う候補から外すべきだと言えます。

サイトにもよりますがそういうガツガツ系はサクラだったり、デリヘル業者だったりすることもります。とにかく話が進みすぎる相手は敬遠するのが得策です。

4.メッセージの会話でブスかどうかを見極める

これはちょっと高度なテクニックになりますが、一般的に人間は自分にないものを相手に求める傾向がありますよね。

実際、異性の相手が美男か美人かへのこだわりが強いのは、ブス・ブサイクが多いという傾向があります。

サイト内で知り合った女性が、何気ない会話のなかで俳優や、イケメンアイドルのルックスに異常な興味・関心を示すような場面があれば、自分の見た目にコンプレックスがある可能性がある。つまりブスである可能性が高いということです。

これだけで関係を切るのもなんだが、会う前に心理的に「ブスだろうな」とあらかじめ予防線を張れる効果は大きいのはないでしょうか。

もちろん美男美女が普通に美男美女が好きってこともあるから100パーセントの確率ではありませんが、覚えておくといいでしょう。

ブスが来てしまったときの対処法

ブスと待ち合わせ

では最後に、待ち合わせで「ブスが来てしまったときの対処の仕方」について解説していきます。

ただ、来てしまったブスを美人にする魔法なんてあるわけじゃないですし、デリヘルじゃないので「チェンジ」と通告するわけにもいきません。なので対処法、テクニックというよりも「心の持ちよう」の話になるかもしれません。

期待しすぎない

ブスが来ちゃったら…というより、そうなる前の心理的な処方になりますが「素人との出会いに期待をしすぎない」ということを肝に銘じておくことが大事です。

サイト内で見た写真がちょっといい感じだったとしても、それが「奇跡の1枚」かもしれませんし、巧妙に加工されたものかもしれない。

その「いい感じ」の写真の半分ぐらいの期待値を心に抱いて出会いに臨めば「ブスが来た…!ショック…」という心理状況に陥ることはめったにないはずです。

そもそもルックスで商売してない素人に美人を期待するのが間違いです。

いわゆる心理的なハードルは下げておくことで、普通のルックスでも「けっこう美人じゃん!」とポジティブに捉えることができるようになります。

出会いに感謝し経験値を積めたと納得する

これも結局は自分の心の持ちようのコントロール術になってしまいますが、とんでもないブス、精神的にもヤバそうなブスに会ってしまったとしても、絶対に待ち合わせ場所ですっぽかしたり、ドタキャンしたりしてはいけません。

これはもう出会い系を愛するものとして絶対です。ヤるヤらないはともかく、アポイントを取って会う約束した異性と出会わなくてはいけません。

別にそういう法律があるわけじゃありませんが、そんなことをする男性のほうが“精神的にブス”だと言えますし、そういうことを繰り返すといつか自分にしっぺ返しが来ます。

ブスとちゃんと出会えたとして、とにかく会話を進めてみましょう。普通に楽しく話せる場合も、支離滅裂な場合もあるかもしれませんが「女性と会話する」という経験値を積んだ、と前向きに考えましょう。

どんな見た目であっても女性です。女性ならではのモノの考え方、リアクションの傾向などは一緒です。言い方は悪いですがトーク力を磨く実験台と考えましょう。

とにかく出会えたということに感謝して、その一期一会を大切にしましょう。この考え方を持っていれば「ブスと会って損した!」とネガティブモードに落ち込むことがなくなります。

会話して「ヤれるな」という気分になったらもちろんヤってもいいでしょう。顔はダメでもセックスは最高だったという場合も多々あります!

どうしても性欲が湧かない、勃ちそうにない…のであればデートだけで切り上げて「また今度ね」とバイバイすればいいでしょう。

そして帰ってから「なぜ自分はブスと出会うことになったのか」を振り返り、どこで手順ミスがあったのかを探求することも忘れずにやりましょう。

こういう経験を何度か繰り返すと、自然と出会い系で致命的なブスを引く確率は下がります。出会い系で成功率を高めるには、何よりも「経験」が大事です!

まとめ

以上、ブスを引かないように事前に注意するポイントと、それでもブスと会ってしまった場合の対処法を解説してみました。

上でも書きましたが、もしブスと出会ってしまった場合でも、ポジティブに捉えて、懲りずに楽しい出会い系ライフを送ってくださいね。

ただし、サクラだらけの悪徳サイトに登録しても、絶対に出会えないばかりか無駄にお金を消費するだけです。サイト選びは絶対に間違えないでくださいね。

リアルに素人女性と出会えるのはこの3サイトだけ

10代娘から人妻・熟女まで、素人女性が数多く登録しているのが、この3サイトです。15年以上の実績がある大手ばかりなのでセキュリティ面も安心。もちろんサクラなんていないし、普通に出会えるから私も毎日チェックしています。


Jメール ★★★★★

Jメール

元々テレクラで超メジャーな大手ミントC!グループが運営。「出会い系サイト=女性獲得が最重要」ということを熟知していて、街頭や雑誌、ティッシュ配布など積極的な広告宣伝を行っているので、セックス目的の女の流入がとても活発!

真に出会えるサイトとして18年以上運営されてきた王道中の王道をいく出会い系サイトです。

若い娘を狙うなら「Hな出会い」「今すぐあそぼ」、人妻や熟女狙いなら「人妻の誘惑 」「ミドルエイジアダルト」の掲示板をまずはチェックしてみてください。

Jメール掲示板

若い娘はもちろん、欲求不満の主婦や熟女まで幅広く登録しているので、すぐにLINE交換→待ち合わせ→セックスに持ち込めます。

無料ポイントで1000円分遊べますので気軽に試してみてください。

Jメール公式


ワクワクメール ★★★★★

ワクワクメール

1日に1600人以上の新規会員が登録している創業2001年の大手老舗サイト。サイトも非常に使いやすく、掲示板には毎日2万件以上の新しい書き込みがあります。

こちらも積極的に様々な広告メディアへ進出しているのでエロい女性と出会える確率がとても高いのが特徴です。

ワクワクメール掲示板

地域密着型サイトとして定評があり、熟女や人妻ともLINE交換しやすいです。

1200円分の無料ポイントがもらえるので気軽に試すことができます。

ワクワクメール公式


ハッピーメール ★★★★★

ハッピーメール

出会い系サイトの国内最大手で知名度もナンバーワン。女性雑誌や街頭の広告で女性会員の獲得に積極的なので、10代~熟女まで欲求不満の女性が毎日大量に登録しています。ユーザーサポートも親切丁寧なので圧倒的に信頼度が高いのが特徴です。

ハッピーメール掲示板

10分ぐらいで即会い希望の女性とLINE交換できる事も。

ここも無料ポイントが1200円分もらえます。

ハッピーメール公式


ここで紹介したサイトは、どれも私がいつも愛用している本当に素人女性と出会えるサイトです。

サクラや業者だらけの悪徳アプリやサイトにうかつに登録すると、100%会えないばかりか無駄にお金を消費するだけです。サイト選びは絶対に間違ってはダメですよ!