ママ活とはどういう意味?やり方や実態・相場などを解説

最近徐々に浸透し始めている「ママ活」ってご存知でしょうか。「パパ活」は聞いたことあるけど、「ママ活」って?という人も多いんじゃないでしょうか。

今回は、若い男性の中でブームになりつつある、「ママ活」の具体的なやり方や、実態について解説していきます。

ママ活とは

そもそも「ママ活」ってなに?

簡単に言えば「パパ活」の逆ですね。「パパ活」は若い女の子、特に夢を追いかけているような子たちが、経済的な援助をしてくれる男性を探すこと。

なので「ママ活」はその逆、若い男性が同じように経済的な支援をしてくれる年上の女性を探すことを意味しています。

「ママ活」というと、何となく子育て世代が集まって情報共有しているイメージもありますが、実際にそういうワードも世間には存在してはいます。

ただ、今回解説しているのは前者の方で、若い男性、主に20代の前半がメインとなる男性が、主に30~40代以上の女性を探すことを指します。

「ママ活」をしている男性

実は私の周りにも実際に「ママ活」している知人がいます。彼は役者の道を志しているので、普段はアルバイトをしてどうにか生計を立てています。

ただ、舞台の稽古や実際の公演で、アルバイトすら決まったシフトが守れず、なかなか長続きしないというのが現実のようです。

彼のように、普通に生活が苦しくて、空いた時間で効率よく稼ぐ為に「ママ活」する男性が多いですね。

何かを志しているというのも、ママたちには刺さりやすく、純粋に「応援してあげたい」という気持ちが「ママ」として経済的な援助に繋がっていると言えます。

ママ活をしている男性

「姉活」という言葉も存在している

「ママ活」と同じようなワードで、「姉活」というものも存在しています。これは女性側が比較的若く、男性との年齢差がそれほどない場合に使われます。

上に、ママ活している男性は主に20代の前半と書きましたが、実際は、男性側も30代だったりすることもあります。その場合、女性が40代の前半ぐらいだと「姉活」といわれたりしますね。

このように、単に若い男性だけでなく、多少年齢が上がっても、女性もさらに上の年齢の人が援助してくれる場合があります。20歳ぐらいの年齢差があると、自然に「ママ」として男性を助けてくれるんです。

女性はやはり、少しでも年齢が下の男性には母性をくすぐられ、助けたい、援助したいという気持ちが芽生えるので、いくつになっても「姉活」「ママ活」は可能だと言えますね。

「ママ活」が可能になる理由

いくつになってもと言っても、メインはやはり若い男性。というのも、40代頃からの女性は、日常生活に寂しさを感じていたり、日々の喧騒から逃れたいという気持ちが大きいんです。

子育てに疲れているか、または子育てがある程度終わっている世代の女性の多くは、寂しさや虚しさのようなものを感じています。

妻として、母として、もしくは会社の上司として、そういった面でしか自分の価値を見出せず、女性としての価値が無くなってしまったんじゃないかという気持ちになるんですね。

そこに現れる若い男性。アイドルのようにキラキラと輝いていてとても魅力的です。実際、今どきの韓流ブームなどの中心となっているのは、若手のアイドルや俳優。

彼女たちの住む世界とはまるでかけ離れていますよね。そこにもの凄く魅力を感じているんです。そしてのめり込んでいくんです。

同じことが「ママ活男子」にも起こっていると言えます。若くてキラキラしていて、夢に向かって一生懸命な彼等は、単純に可愛くて、近づきたい対象となるわけです。

「ママ活」に求めるもの

「パパ活」同様、「ママ活」に求めるものは、基本的に金銭です。単に現金だけではありませんが、食事を奢ってもらう、物を買ってもらう、など、基本的に金銭面での援助を指しています。

年上の女性が好きで、肉体関係を持ちたい人もいるかもしれませんが、「ママ活」においては、基本的に身体の関係は含まれていません。

もちろん女性側も、若い男性と関係をもちたいと思っている人も居ますし、そうする事でより高額の援助が受けられる可能性がありますが、それとはまた別のものと考えておいてください。

ママ活のやり方・はじめ方

ここまでで、「ママ活」の意味をわかっていただけたかと思いますが、次は実際に「ママ活」をする際の方法や、注意点などを挙げていきます。

「ママ」の見つけ方(ネット編)

今は基本的にインターネット上で「ママ」を見つける方法が一般的です。その方法としては、アプリ、掲示板など様々です。

掲示板は書き込みの内容が自由なので、ママ活に利用する男性はたくさんいます。ただ、掲示板にSNSのIDなどを晒してしまうと、いろんなトラブルの素です。かなり注意が必要だと言えます。

高収入や、会社経営者で裕福など、オイシイ話をどんどん持ち掛けてくるのは、本当のママ希望者ではなく、ほとんどが悪質な業者だと思っていいです。

若い男性を支援したいママとは言え、顔写真も無く、ただ援助して~っていうだけの男性にいきなり接触してくる女性はいません。

なので、せめて詳細なプロフィールや、顔写真が登録できるマッチングアプリや出会い系サイトのほうが安全で確実だと言えますね。

ママ活のやり方

「ママ」の見つけ方(日常生活編)

寂しさを抱えて、日常に刺激を求める主婦層が、出会い系サイトやマッチングアプリを利用するのはもはや一般的になってきているとはいえ、「ママ」として男性を援助できるほどのいわゆる「お金持ち」「セレブ」は、実際はネット社会にはあまり多くは存在していません。

セレブたちは、時間とお金があるので、割と積極的に外に出ています。なので、実際は直接会って、知り合うパターンというのがとても多いですね。

出会える場所としては、カフェやバーなどが多いです。女性が一人でも利用しやすく、また、男性も女性に声をかけやすい場所ですね。

いつも利用するカフェで、何度か見かける女性をチェックしておいて、服装などである程度の年齢を予測しておいて、きっかけを見つけて声をかけてみるというのはどうでしょうか。

「いつもお一人ですね?」「よかったらご一緒してもいいですか?」「今日は暑い(寒い)ですね~。」なんてちょっとベタですが、女性は男性から声を掛けられるのは決してイヤではありません。

カフェでアルバイトをしている人は、常連の女性も狙い目です。相手の好みをおぼえておいたり、普通の接客よりも少し親しげに接客してみる。というのは好感度が高くてオススメです。

何度か話して距離をつめていき、お茶や食事に誘う。本当にベタですが、結局はじめはそんなところです。そこで自分の境遇を話せば、親身になってくれるようになります。

仮にネット上での出会いでも、結局はチャットのやり取りの後に会うわけですから同じですよね。

「ママ」の見つけ方(ポイント編)

ネットでのやり取りでも、実際のやり取りでも、仲良くなるコツは必ずあります。そこで、そのコツについても解説していきます。

まず、女性が喜ぶポイントとして一番大事なことは、いくつになっても女性として魅力的だということを伝えることです。

会話の中にも、「可愛い」「綺麗」というワードを取り入れて、女性として魅力がありますよ。ということを常に伝えていきましょう。

「ママ活」とは言っていますが、実際の母親のような立場の人を探しているわけではありません。若い男性と、疑似恋愛をすることを楽しんでくれる女性こそが「ママ」となってくれる存在です。そこは忘れないようにしたいポイントですね。

ママ活のポイント

「ママ活」におけるメリット・デメリット

次に、「ママ活」をするにあたってのメリット・デメリットについても確認してみましょう。

「ママ活」をするメリット

「ママ活」男子が増えているということは、やはりメリットがあるからですね。まず、学生やフリーター、夢を追う為定職に着けないという男性にとっての一番のメリットは「お金」。不定期でもいくらかの金銭的援助が一番のメリットです。

あとは基本的に肉体関係をもたなくて済むので、いくら年上でも特に気になりません。しかも年上の女性からは、的確なアドバイスなども聞くことができるので、人間的にも成長できる可能性があります。

女性を大事にすることに慣れることもできるので、実際の自分の恋愛にも生かせる経験がつめるのもいいところです。

しかも母性で包んでくれる優しさもあるので、疲れているときや、寂しい時にもホッとできるという男性もいますね。

「ママ活」のデメリット

やはり一番のデメリットは、相手の女性に恋愛感情を持たれてしまう可能性があることです。女性として大事にするわけですから、女性も愛されていると勘違いしてしまいます。

そのあたりをどう回避するかがポイントになってきます。自分は今は恋愛よりも夢を追っている、ということを常にアピールしたり、相手の女性に感謝しつつ、尊敬の念をもって貴女を見ていますよ。恋愛感情はないですよ。という意識で接すると良いでしょう。

あとは、金銭的に頼りすぎて、自分が怠けたり、働かなくなったりしないように気を付けたいですね。

ママ活のメリットとデメリット

「ママ活」の相場

まだ「パパ活」ほど広まっていない分、「ママ活」の相場はすごく曖昧です。女性と過ごすシチュエーションごとに、おおまかな相場を見てみましょう。

食事に同行する場合

いちばん一般的な「ママ活」ですね。初心者もまずは食事から始めると思います。この場合は、食事を奢ってもらうだけ、という場合もあれば、1回の食事で3000円~数万円、別途貰える場合があります。

相手のお財布事情にもよりますが、食事の場でどれだけ盛り上がれるか。というのも重要なポイントになってきます。

まずはここから始まることが多いので、相手を飽きさせない、また会いたい、もっと援助してあげたいと思わせるように、とびきり紳士に、女性として扱ってあげましょう。

買い物に同行する場合

この場合は、ついでに男性にもプレゼントをしてくれる場合が多いですね。洋服や時計、アクセサリーなどが多いと思います。

ただ、なかなか自分好みの店にいけない可能性もあるので、過剰に期待せず、まずは相手が満足するまでじっくり我慢です。退屈そうにせず、洋服などを褒め、積極的に荷物を持ったりとできることはたくさんあるので、会話だけで盛り上げるよりは楽かもしれません。

女性の買い物はかなり長時間になることが多いので、相手も最終的には気を使ってくれます。じっくり付き合えば、物を買ってもらえるだけでなく、時間あたり3000円~10000円程度は貰える可能性があります。

ママ活の相場

特別な時間を共にする場合

中には、旅行への同行や、完全個室(高級ホテルの客室など)での食事などを希望してくる「ママ」もいます。こういう人はかなり金銭的に余裕のある人なので、はじめから日当を払うつもりで言っています。

なので、一日あたり30000円以上の報酬が期待できます。ただ、時間的拘束は長いので、かなり気に入った相手でないと男性側もきついです。

ただ、かなり稼げる相手ということにもなります。さらには、毎月固定の金額で、半ば「契約」のような状況に持ち込むことも可能です。

月額固定で「契約」状態になれば、会う回数をセーブして、別の「ママ」との時間も作ることが出来てさらに「ママ活」での収入を上げることができます。

実際に、常に複数人のママを持っていて、ほぼママ活だけで生活している男性もいるほど。ただ、複数の「ママ」を見つけるのは至難の業。一体どうやってそんな女性をみつけるのでしょう。

知人が語る「ママ活」の実態

ここからは上に書いた私の知人に聞いた「ママ活」の実態についてです。彼はそれほど「ママ活」に割く時間がないので、そういう相手はせいぜい一人なんだろうと思っていました。

しかし、実際には3人もの女性とやり取りをしているとのことです。彼が女性の扱いが上手なのもありますが、何故そんなに大勢の女性と知り合うことができたのでしょう。

聞くところによると、やはり基本的には、出会い系サイトやマッチングアプリだということ。実際に一人は居酒屋でたまたま居合わせて、芝居の話に賛同してくれたママだったようですが、その後は、アプリやサイトでママになってくれそうな人を探した。ということでした。

確かにリアルで年上の女性に声をかけたり、探している時間は彼にはありません、空き時間でコツコツ探した結果ですね。

ネット上にいるセレブたちは少数ではありますが、じっくり探せばみつかります。案外普通の主婦でも、意外と金銭的に余裕のある女性もいるので、根気よく探しましょう。

ママ活まとめ

「ママ活」まとめ

いかがだったでしょうか。今話題の「ママ活」について紹介しました。どうしても援助というと肉体関係を想像しがちな中、実際はそんな単純なものではなく、人として、互いに思い合う関係性を築くことが「ママ活」の重要なポイントでした。

自分の価値をしっかりと見極め、相手に提供できるよう最大限努力する。そうすることで男性側も成長していくことができます。是非参考にしてチャレンジしてみてくださいね。

リアルに素人女性と出会えるのはこの3サイトだけ

10代娘から人妻・熟女まで、素人女性が数多く登録しているのが、この3サイトです。15年以上の実績がある大手ばかりなのでセキュリティ面も安心。もちろんサクラなんていないし、普通に出会えるから私も毎日チェックしています。


Jメール ★★★★★

Jメール

元々テレクラで超メジャーな大手ミントC!グループが運営。「出会い系サイト=女性獲得が最重要」ということを熟知していて、街頭や雑誌、ティッシュ配布など積極的な広告宣伝を行っているので、セックス目的の女の流入がとても活発!

真に出会えるサイトとして18年以上運営されてきた王道中の王道をいく出会い系サイトです。

若い娘を狙うなら「Hな出会い」「今すぐあそぼ」、人妻や熟女狙いなら「人妻の誘惑 」「ミドルエイジアダルト」の掲示板をまずはチェックしてみてください。

Jメール掲示板

若い娘はもちろん、欲求不満の主婦や熟女まで幅広く登録しているので、すぐにLINE交換→待ち合わせ→セックスに持ち込めます。

出会い系の素人

無料ポイントで1000円分遊べますので気軽に試してみてください。

Jメール公式


ワクワクメール ★★★★★

ワクワクメール

1日に1600人以上の新規会員が登録している創業2001年の大手老舗サイト。サイトも非常に使いやすく、掲示板には毎日2万件以上の新しい書き込みがあります。

こちらも積極的に様々な広告メディアへ進出しているのでエロい女性と出会える確率がとても高いのが特徴です。

ワクワクメール掲示板

地域密着型サイトとして定評があり、熟女や人妻ともLINE交換しやすいです。

出会い系の素人

1200円分の無料ポイントがもらえるので気軽に試すことができます。

ワクワクメール公式


ハッピーメール ★★★★★

ハッピーメール

出会い系サイトの国内最大手で知名度もナンバーワン。女性雑誌や街頭の広告で女性会員の獲得に積極的なので、10代~熟女まで欲求不満の女性が毎日大量に登録しています。ユーザーサポートも親切丁寧なので圧倒的に信頼度が高いのが特徴です。

ハッピーメール掲示板

10分ぐらいで即会い希望の女性とLINE交換できる事も。

ここも無料ポイントが1200円分もらえます。

ハッピーメール公式


ここで紹介したサイトは、どれも私がいつも愛用している本当に素人女性と出会えるサイトです。

サクラや業者だらけの悪徳アプリやサイトにうかつに登録すると、100%会えないばかりか無駄にお金を消費するだけです。サイト選びは絶対に間違ってはダメですよ!