メンヘラ女の特徴や見分け方と対処法はこれ!付き合うのは危険です!

メンヘラ女

今回は、メンヘラ女性の特徴と見分け方や対処法について解説していきます。

まず「メンヘラ」という言葉の意味ですが、もともとは「メンタルヘルス」という言葉が語源ですね。

いわゆる心が病んでいたり、実際に精神科に通っている人を、「そういう人」を意味する「er」をつけて略して「メンヘラ」と言い表すようになりました。

インターネット(2ちゃんねるが発祥)で10年ぐらい前から定着したといわれています。

一概にメンヘラといってもその程度は人それぞれ

リストカットした女性

もちろん現象、症状としては昔からあったことでしょうが、匿名性の高いインターネットで自分だったり、他人だったりの“精神的な弱さ”を語るのに昔ほど抵抗感がなくなり、比較的ライトに使える「メンヘラ」という言葉が一般化したと考えていいでしょう。

ネットではSNSのプロフィール欄に「メンヘラ」と書いている場合も時折見かけるほどです。

私の個人的な印象ですが一般的になりすぎたあまり、他人から見てちょっと「めんどくさい」「ウザい」程度の人もいれば、いわゆるマジキチ(=マジのキ○ガイ)、リストカット(「リスカ」と略すことが多いですね)などの自傷行為に走ったり、さらには本当に自殺願望を抱いている危険な人まで「メンヘラ」という言葉が差す範囲はかなり広いと言っていいでしょう。

メンヘラ女性に共通する特徴「見た目・行動編」

メンヘラという言葉の意味がわかったところで、では実際に女性と出会って、仲を深めたいと思ったとき、どう見分けて、どう対処すればいいのか。メンヘラ女性の特徴や見分け方について紹介していきましょう。

噛む、髪をいじるなど物理的な仕草が多い

まず、見た目や行動で良く観察される傾向・特徴についてです。

爪を噛むのは本当によく見られる特徴です。幼少期に負の感情(精神的なストレス)などをうまく言語にして解消できず、物に当たるということが多いですが、その「幼さ」をうまく解消させられずにそのまま大人になってしまったケースですね。

上手にストレス発散できることがメンタルヘルスで大事なことですが、物に当たるのはそれが下手でうまく解消できていない証拠。つまり病んでいる可能性が高い。

髪の毛を触るのも気持ちの持って行きようがなく、グニグニしているケースが多いので要注意です。

また、極端な例だとベッドインした際に体を噛んできたり、皮膚をつねったりもします。これはもうメンヘラの特徴なので、関係を続けるにあたっては慎重になったほうがいいでしょう。

肌荒れが酷い

元からの体質面にも左右されるんでしょうが、やはりメンタルが健全、強靭な女性は肌が綺麗。多少のおばさんでも薄化粧でツルッとしています。

それに対しメンヘラ女性はボツボツ…。精神的に乱れると女性の美をつかさどる女性ホルモンのバランスが悪くなり肌荒れに直結します。

また、後でも語りますがメンヘラ女性は生活のリズムも悪いため、体調もなかなか整いません。

寝不足がまっ先に現れるのが女性の肌。なので、あまり興味がなくても肌の状態はしっかりチェックしましょう。どんなに化粧を重ねても「肌荒れ」はわかります。

ロリータ系やゴスロリ系、アニメのコスプレを好む

ロリータファッション

これは「精神的に育っていない」わかりやすい例ですね。

“大人になる”ということは体が大きくなることだけではなく精神的な成長が伴わないといけません。

その成長が遅れたままだと、大人として直面しなくてはいけない仕事上や交友関係上の心理的負担=ストレスを上手に解消できないのは既に解説した通り。つまり「病む」ことに一直線です。

わざわざ幼い見た目にするのはファッションとしての意味合いもあるのでしょうが、やはり「子供でいたい」「子供のときのほうが良かった」という気持ちの表れと言えます。

そういう見た目の女性は、やはり要注意と言えるでしょう。

メンヘラ女性に共通する特徴「思考・感情・生活編」

ここからはメンヘラ女性に特徴的な言動や性格、考え方。精神面の話なので、このあたりは如実に特徴が出てくると言っていいでしょう。

自虐傾向、ネガディブ思考

ネガディブ思考の女性

メンヘラ女性にほぼ共通するのが、なにかが自分に起こったり言われたりすると悪いほうへ、悪いほうへ勝手に解釈する精神性ですね。

基本的に「自分に自信がない」が根底にあり、マイナスの方向へ深く考える傾向があります。

心の内面は他人には見ることができない部分ですが、実際の会話やネット上の会話の端々で「自分がそういう風(悪い方向)に考えている」とマイナス思考、自虐思考をアピールします。

弱い自分に注目して欲しい“かまってちゃん”傾向があるのも大きな特徴です。

そんなつもりで発してないのに落ち込まれたりした場合はメンヘラ傾向があると判断していいでしょう。

感情の浮き沈みが激しい

人間誰しも自分に起こった出来事に対し、テンションが上がるときもあれば下がるときもあります。しかしそれを自分の内面でうまく処理できてこそ大人。

それができていないと感情の浮き沈み・起伏が激しいという現象として現れます。

繰り返しになりますが心理面での処理がうまくできないのが“病む”最大の要因。

他人から見て感情をコントロールできていない人=病んでいる可能性は高いのです。

依存する癖がある

これはわかりやすい特徴でしょう。「自分に自信がない」人の傾向として、他人に強く依存するというのがあります。

彼氏や友人、または家族など近い関係で誰かに依存するのもありますし、またはアイドルやバンドの“おっかけ”までするのも依存の一種ですね。

「ヤンデレ」という言葉もありますね。

必要以上にデレデレしたかと思えば“病んでる”風のリアクションでキツく当たったり、意味不明の言動をしたり。

そういう極端なキャラクターでもともと一部の恋愛ゲーム内だけの概念でしたが、そういっためんどくさい女性キャラがいい、というニッチなニーズがあったからでしょう。

しかし、今は現実にこういう行動をするメンヘラ女性も多いようです。

あとは、これもわかりやすいのですがアルコールとタバコ、そして薬物などへの依存。そしてギャンブル依存です。

薬物依存

アルコールとタバコ、ギャンブルはホドホドならいいとして(薬物は絶対にNGです!)、体を痛める(ギャンブルは金銭面の負担)とわかっても、目の前の気持ち良さに負けて続けるのも精神の未熟さゆえでしょう。

メンヘラ女性はなんらかに依存している可能性は非常に高い。

ちなみに最初は精神の弱さが招きますが、依存症は本当の病気ですので治療が必要です。

もし近くにそういう人がいたら「精神が弱いからだ」と放置せず、適切な処置を!

昼夜が逆転している

自分に甘く自己管理能力が弱いのが特徴で、夜更かし、朝寝坊が多い傾向があります。

朝寝坊で夜はすぐに睡眠に入れず、また夜更かしをして……の悪循環で生活リズムが完全に“夜型”になっているのがメンヘラ女性の特徴です。

仮に朝出勤の仕事に就いていたとしても、半分寝ながらなのでいいパフォーマンスが出せないケースが多く自然と風俗など夜の職業に流れていく場合も多いのです。

さらに、しっかりといい睡眠が取れないため体調は安定しません。先に述べた「肌荒れが多い」がここで繋がってくるのです。

メンヘラ女性はどう対処すべきか

メンヘラ女性の対処法

ここまで書いてきた特徴にいくつか当てはまるようならメンヘラ女性と判断していいでしょう。

もちろん程度には差があり、普通に付き合いが続けられる女性も多数います。

ですが「病み」は軽くなることはまれで、どんどん深くなっていくのが通例なので、特徴を確認してメンヘラだと認識できた時点で距離を置くのがいいでしょう。

その場合は、しっかりと別れることを伝えることが大切です。こちらの優しさで曖昧なことを言ってはいけません。別れるときはキッパリと。

重症化したメンヘラ女性に付き合い続けると、自分の生活リズムまで狂わされる可能性もあります!

メンヘラ女性との体験談

メンヘラ女性との体験

大手出会い系で出会った20代後半の女性と意気投合。すぐに実際に出会うことができました。

最初は趣味や価値観などがばっちり合って、ルックスもすごくよく、そしてセックスの相性も抜群。

セフレ以上恋人未満ぐらいの感じで付き合い続けましたが、だんだんと「病み」というか「闇」が見え隠れするように。

なんとなくオドオドしてるな…とは思いましたが、最初に気になったのはすごく自分がどう見られてるかを気にするところ。

髪型の細かいところを何度も直したりして、こっちが綺麗だよ可愛いよと何度言っても納得してくれない。

あとは普通にすれ違った人に対してもどう見られているかを気にするし「自分に自信がない」特徴がだんだん表に。

そして私への依存もどんどん異常になってきて、LINEなども夜中に集中して送ってくるようになりました。

そう、生活が昼夜逆転していたのも今考えると明らかにメンヘラの兆候はあったんです。

ストーカーみたいになって痛手を負う前に、もう連絡しないことを告げてLINEをブロック。

自宅や電話番号などは教えていなかったので、なんとかそれ以上の絡みはなくて済みましたが…。

セックスの相性はすごく良かったので、そこだけは最後まで残念でしたけどね。

まとめ

メンヘラ女性

いかがだったでしょうか。

付き合ってしまった後で面倒なトラブルに発展する前に、上で書いたようなメンヘラ女性の特徴をよく把握しておき、事前にしっかりと見分けることが大切だと言えますね。

リアルに素人女性と出会えるのはこの3サイトだけ

10代娘から人妻・熟女まで、素人女性が数多く登録しているのが、この3サイトです。15年以上の実績がある大手ばかりなのでセキュリティ面も安心。もちろんサクラなんていないし、普通に出会えるから私も毎日チェックしています。


Jメール ★★★★★

Jメール

元々テレクラで超メジャーな大手ミントC!グループが運営。「出会い系サイト=女性獲得が最重要」ということを熟知していて、街頭や雑誌、ティッシュ配布など積極的な広告宣伝を行っているので、セックス目的の女の流入がとても活発!

真に出会えるサイトとして18年以上運営されてきた王道中の王道をいく出会い系サイトです。

若い娘を狙うなら「Hな出会い」「今すぐあそぼ」、人妻や熟女狙いなら「人妻の誘惑 」「ミドルエイジアダルト」の掲示板をまずはチェックしてみてください。

Jメール掲示板

若い娘はもちろん、欲求不満の主婦や熟女まで幅広く登録しているので、すぐにLINE交換→待ち合わせ→セックスに持ち込めます。

出会い系の素人

無料ポイントで1000円分遊べますので気軽に試してみてください。

Jメール公式


ワクワクメール ★★★★★

ワクワクメール

1日に1600人以上の新規会員が登録している創業2001年の大手老舗サイト。サイトも非常に使いやすく、掲示板には毎日2万件以上の新しい書き込みがあります。

こちらも積極的に様々な広告メディアへ進出しているのでエロい女性と出会える確率がとても高いのが特徴です。

ワクワクメール掲示板

地域密着型サイトとして定評があり、熟女や人妻ともLINE交換しやすいです。

出会い系の素人

1200円分の無料ポイントがもらえるので気軽に試すことができます。

ワクワクメール公式


ハッピーメール ★★★★★

ハッピーメール

出会い系サイトの国内最大手で知名度もナンバーワン。女性雑誌や街頭の広告で女性会員の獲得に積極的なので、10代~熟女まで欲求不満の女性が毎日大量に登録しています。ユーザーサポートも親切丁寧なので圧倒的に信頼度が高いのが特徴です。

ハッピーメール掲示板

10分ぐらいで即会い希望の女性とLINE交換できる事も。

ここも無料ポイントが1200円分もらえます。

ハッピーメール公式


ここで紹介したサイトは、どれも私がいつも愛用している本当に素人女性と出会えるサイトです。

サクラや業者だらけの悪徳アプリやサイトにうかつに登録すると、100%会えないばかりか無駄にお金を消費するだけです。サイト選びは絶対に間違ってはダメですよ!