出会い系にシングルマザーが急増中!シンママはセックスできる率が高い理由

出会い系にシングルマザーが急増中

出会い系に登録し、出会う相手を探している女性にはさまざまなタイプがいるという話は何度もしていますが、年齢、仕事、そして結婚している、していない…といろんな属性がありますね。

そのなかでも、ここ数年凄く数が増えてきている層があるんです。

それがシングルマザーです。

出会い系にシングルマザーが急増中!

出会い系とシングルマザー

説明の必要はないと思いますが、独身を意味する「シングル」にお母さんの「マザー」。つまり、結婚暦があり、子供もいて、しかし今は離婚して現在独身。幼い子供は基本的に母親が面倒を見るケースが多いので、いわゆる子持ちの状態にある独身女性ですね。

これもよくあるケースですが子供ができたけどなんらかの事情で結婚せず、最初から母親だけで子供の面倒を見ている、という場合もあります。

ちょっと前までは「シングルマザー」という呼び方だけだったような気がするが、最近は略して「シンママ」とも呼ばれています。

出会い系サイトやアプリ内でもシンママという呼び方が一般的になってきているようなので是非覚えておいてください。

シングルマザーの立ち位置を理解しよう

シンママ

そんなシンママたちの生活スタイルと言えば実家に戻って、自分の親と一緒に子供を育てている場合が多いようですが、親と折り合いが悪かったり、単純に仕事の都合などで出戻りできなかったりして母親と子供の2~3人で暮らしているシンママもいます。

他人の人生なので普段は特に気にしませんが、よく考えてみると母子だけだと、いろいろ不都合もあるでしょう。

単純に寂しいっていうのもあるでしょうね。そう、彼女たちは凄く精神的にキツい立場にいます。目先の生活に、将来の不安、ちゃんと両親がいる家庭に対しての引け目、そして寂しさ。

男性は未婚でもバツありでも独身稼業は気楽なものですが、シンママたちは男性が想像する何倍もキツく、ストレスフルな、追い込まれた立場にあります。たまに彼女たちの話をじっくり聞くこともありますが、それは実に苦しそうなものばかりです。

遊びたいときはパーッと遊びたい。それが彼女たちの偽らざる心境なのです。

シングルマザーはストレス解消に出会い系でセックスする

出会い系のシングルマザー

子供のことがどこか心に引っ掛かりつつも、自分(=シンママ)自身がそのストレスを解消しないと、煮詰まってどうしようもなくなる、精神的に崩れてしまう…ということを彼女たちは自覚しています。

飲み会やパチンコなんかで憂さを晴らすパターンもありますが、やっぱり人間にとって最大最強の本能的欲求であるセックスに走ることがとても多いのです。

子供がいるということは保育園なり小学校なり、何かしら子供関連のコミュニティと係わり合いができているはずですが、そんな人間関係のなかでセックス相手を探すということは、まずできません。不倫関係が周囲にバレたりしたら、コミュニティ内でつまはじきにされたり、陰口を叩かれてしまいます。

そんな状況は、子供がいる親の立場としては避けなければいけないことで身近な人間関係内では絶対NG。じゃあどうするか。もう結論は見えていると思いますが、出会い系サイトへ救いを求めることになるのです。

「バツあり子持ち」という属性は、リアルな人間関係だと重く見られてしまいますが、男女ともにセックス相手だけを求める出会い系なら、そういう属性関係なしに、一匹のメスとしてふるまうことができます。

普段接している人間関係のしがらみも開放でき、彼女たちにとっては出会い系サイトが救いの場となっているのです。

そこでしっかり性欲を発散し、また日々を生きる活力を得ることができるのです。

では、そんな彼女たちと仲良くなり、あわよくばセフレ関係になるための攻略法をここから解説していきます。

シングルマザーは出会い系に登録した時点でセックスに飢えている

シングルマザーとセックス

シンママたちは出会い系に登録した時点でかなり欲求不満でセックスに飢えているので、知り合った時点で会ってセックスというのは実はそんなに難しいことではありません。よほどの下手を打たない限り、セックスできます。

なので、変に構えることなく自然にしていれば大丈夫です。ただし“これはNG”というのを心得ておいたほうが、出会い→セックスの近道になります。

出会い系のシングルマザーに対してのNGワードとは

まず完全にNGなのは過剰に「母親」扱いすることです。「ひとりで子供を育てているお母さんって大変だよね」とか、男性側とすれば同情、共感の言葉を発して好感度は上がるんじゃないかと思ってしまいがちですが、それは大きな過ちです。

出会い系に登録し、メッセージのやりとりを始めた時点でシンママたちの「母親モード」は完全にオフとなり、気持ちのいいセックスができる相手を物色する、まさに肉食獣と化しています。そんな状況のなか「母親」であることを思い出させるような会話は彼女たちを萎えさせるだけなんです。

「こんなオトコとはもう話したくない…」

と判断され、メッセージのやりとりが途絶える可能性がきわめて大きいでしょう。あくまで「母親」ではなくひとりの、そしてセックスをする対象としての「女性」として扱ってあげるのが正解です。

これは主婦層にも言えることで、鉄則は「家庭(旦那)」「子供」について触れない、思い出させないことが鉄則です。

そして「大変だね」とかいう、ある種上からの目線も忘れたほうがいいでしょう。みんな誰しも経験があることだと思いますが、上辺だけで心配、同情されたら逆にイラッとします。それを思い出してみてください。

相手の素性(=シングルマザー)が会話のなかでわかったとしても、敢えてそれには触れず、ただひたすらに「あなたが魅力的だからセックスがしたいんだ」という視点、立ち位置に自分を置いて攻めましょう。それだけでいいのです。

“援助”前提のシングルマザーもいるが…

出会い系のシンママ

ちょっと話は変わりますが、どうしても金銭的に苦しいからいわゆる援助前提で距離を詰めてくるシンママたちもいます。

ここはどう対処すべきか悩むところですが、やっぱり援助してしまうのは「かわいそう」「大変だね」という上からの気持ちがモトになっているんですよね。なので私個人的にはそういう話になるシンママにはなるべく深入りしないようにしています。

このあたりは人それぞれの考え方があるでしょうし、セックスできれば援助もOKという男性もいるでしょう。お互いの利益が一致するポイントを見つけて付き合っていくことを選べるのも出会い系のいいところと言えるでしょう。

エロいシングルマザー

出会い系でシンママと仲良くなるには、そしていつでも会ってセックスできるセフレにするためには、いかに相手の「母親」の部分を意識させずに、「女」の部分を最大限に評価するかということですね。

ただし、サクラだらけの悪徳サイトに登録しても、絶対に出会えないばかりか無駄にお金を消費するだけです。サイト選びは絶対に間違えないでくださいね。

リアルに素人女性と出会えるのはこの3サイトだけ

10代娘から人妻・熟女まで、素人女性が数多く登録しているのが、この3サイトです。15年以上の実績がある大手ばかりなのでセキュリティ面も安心。もちろんサクラなんていないし、普通に出会えるから私も毎日チェックしています。


Jメール ★★★★★

Jメール

元々テレクラで超メジャーな大手ミントC!グループが運営。「出会い系サイト=女性獲得が最重要」ということを熟知していて、街頭や雑誌、ティッシュ配布など積極的な広告宣伝を行っているので、セックス目的の女の流入がとても活発!

真に出会えるサイトとして18年以上運営されてきた王道中の王道をいく出会い系サイトです。

若い娘を狙うなら「Hな出会い」「今すぐあそぼ」、人妻や熟女狙いなら「人妻の誘惑 」「ミドルエイジアダルト」の掲示板をまずはチェックしてみてください。

Jメール掲示板

若い娘はもちろん、欲求不満の主婦や熟女まで幅広く登録しているので、すぐにLINE交換→待ち合わせ→セックスに持ち込めます。

出会い系の素人

無料ポイントで1000円分遊べますので気軽に試してみてください。

Jメール公式


ワクワクメール ★★★★★

ワクワクメール

1日に1600人以上の新規会員が登録している創業2001年の大手老舗サイト。サイトも非常に使いやすく、掲示板には毎日2万件以上の新しい書き込みがあります。

こちらも積極的に様々な広告メディアへ進出しているのでエロい女性と出会える確率がとても高いのが特徴です。

ワクワクメール掲示板

地域密着型サイトとして定評があり、熟女や人妻ともLINE交換しやすいです。

出会い系の素人

1200円分の無料ポイントがもらえるので気軽に試すことができます。

ワクワクメール公式


ハッピーメール ★★★★★

ハッピーメール

出会い系サイトの国内最大手で知名度もナンバーワン。女性雑誌や街頭の広告で女性会員の獲得に積極的なので、10代~熟女まで欲求不満の女性が毎日大量に登録しています。ユーザーサポートも親切丁寧なので圧倒的に信頼度が高いのが特徴です。

ハッピーメール掲示板

10分ぐらいで即会い希望の女性とLINE交換できる事も。

ここも無料ポイントが1200円分もらえます。

ハッピーメール公式


ここで紹介したサイトは、どれも私がいつも愛用している本当に素人女性と出会えるサイトです。

サクラや業者だらけの悪徳アプリやサイトにうかつに登録すると、100%会えないばかりか無駄にお金を消費するだけです。サイト選びは絶対に間違ってはダメですよ!